雑記帳

ぼーっとしている若者が つらつら書いていきます

饅頭を食べようとお茶をマグカップに注いだのに袋を開ける前に飲み干してしまった

今週のお題ふるさと納税

 今週のお題に乗っからしてもらって、メルカリでなかなか売れない本に興味を持ってもらおうという魂胆なり。書き出しからして誰も気づいてくれそうにはない記事の匂いがプンプンしている。弱雨が小雨に変わるまで外に出たくないが、家の中でやることもないための暇つぶしでもある。

 ふるさと納税に関しては、今まで特にCMでさとふる、ふるさとみたいな響きを聞いたことしかないが、「ふるさと納税返礼品本」で検索をしてみてちょっと面白かった。

ふるさと納税ガイド」というサイトにたどり着いたのだが、そもそもそのサイトが、ふるさと納税12サイトを横断できるまとめサイトで、こんなに盛り上がっていたのか、そして少しでも得をするためにはサイトを横断して検討しなきゃいけないほどのものなのかと、自分には向いてないなと思った。逆にいろいろなものから選べて楽しいという人には、うってつけの制度なのだろう。

 返礼品と言えば、家電、高級食材くらいだろうとあまくみていた。結構ジブン的に面白いものもあった。特に「尾道新聞」を1年間お届けという広島県尾道市の返礼品が気になった。他にも徳島新聞電子版だったり、その土地縁の作家の本セットなんかもあった。

 本題の本紹介に移りたい

「本を売る」という仕事: 書店を歩く

「本を売る」という仕事: 書店を歩く

  • 作者:長岡義幸
  • 発売日: 2018/01/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  まず題名と帯からわかるように、作者が全国津々浦々の書店を実際に訪れ、取材をした現場レポートがまとめられている。残念ながら紹介されている本屋のうち私が訪れたことのある所は一軒もなかった。ビジネスとなると厳しいが、「本を売る」ことはクリエイティブなもので楽しいというのがどこのお話でも語られていたのが印象的だった。

 この本に感化されて次の日には商店街の本屋で初めて週間スピリッツを購入したが(漫画ばかり読んでいるから魅力的な文章が書けないという批判には反対したい)平日の夜、私のほかにお客さんは常連のおばあさましかおらず少々淋しかった。ただだいぶ店主のおっちゃんは明るく「鈍いと呪い」をかけた冗談を言ってくれたりして、これは通わなきゃいかんなという気になった。ただ残念なことにスピリッツは2週間たっても袋に入ったまま綺麗な状態で、放ってある。そう雑誌は買って帰ってすぐ読まなきゃ読むタイミングを失ってしまうものでもあった。

 もう一冊はこちら

デジタル・デモクラシーがやってくる! AIが私たちの社会を変えるんだったら、政治もそのままってわけにはいかないんじゃない?

 政治学者と憲法学者が、マスメディアの専門家や学者にテクノロジーが民主主義にどういう影響を与えるのかというのをインタビュー形式で分かり易くいろいろまとめてくれている本だ。一つ一つの議論は面白くて、すらすらと読めるが、深堀りはされずにいろいろみせられて表面だけを知れる感じのいまいち面白くないというのが感想だ。勉強にはなるが、ふーんそうなのかで終わってしまう感じだ。何度も感じ感じと繰り返しているのが物語っている。

 ただ政治というのがいくらテクノロジーが発達したとしても人間同士の話し合いが基本であることは変わらないと思った。

 読んでから1ヵ月たつと、うすらうすらしか読後の感想が思い出せず、読んでみたいと思わせる宣伝文句が何も出てこなかった。そこでもう一度読み返すというのが読書のあるべき姿なのは間違いないが、億劫だから他の人の手に渡れっと思ってしまう。そもそも最初に紹介した本は人の部屋から面白そうだともらったモノだし、2冊目は薦められて読んだ。結局書店で時間をかけて吟味して自分で選んだ本が手元に置いておきたい本になるのかもしれないというありきたりなまとめで終わる。

 

blogのトップページ

 このブログのトップページをコメントを頂いたことから久しぶりに見た。まずトップ画像がダサい。なんだ、この空の写真は。多分この画像を選んだ時はカメラロールの中からとっておきの、blogに相応しいと思っての選択だったのだろうけれどなんにも伝わってこない。確かに空気が乾燥している日は澄んだ青い空を見て晴れやかな気持ちにもなるけれど、ブログの内容とこれっぽっちも繋がらない。ブログを読んだら青い空に飛んでいけるような、ふっと軽い気持ちにさせるような記事を書いていますとも正反対。誰も不快にさせないように、という浅知恵がありありとしていてダセェブログだ。

 二つ目は思ったより広告が取っているスペースでかいなだ。スマホからの閲覧というのもあるだろうけれど、それを抜きにしても記事タイトルの前にバーンとある。もちろん記事とは一切無関係のものだ。タダでこんなに快適なサービスを受けているのだからなんとも言えないけれど、ま、ネットで無料日記をあげるのには払わなきゃいけないものだろう。

 最近のおうち時間はもっぱら読書という名のベットに横臥してたまにケツポリポリ、左と右にユラユラ、とすぐに布団を掛けて(こたつは怖すぎて経験したことない)しまう。もうそこには厄介やスギ花粉も待ち構えている。ますます動くのが億劫になりそうだ。

 マイ冬あるあるの鼻の粘膜が弱いために鼻血が出そうになるとすぐに分かる感じも出て来た。早起きした代わりに早く寝ようと思った日に限ってどうでもいい電話が来たりもする。

 纏めると、他人に寝るタイミングを狂わされ、blog更新に辿り着いた。少々荒ぶっているかも。


バッティングセンターのカード

 私が最近通い始めたバッティングセンターは1ゲーム25球で、プレイするためにはまず自販機でカードを買う。1000円単位で購入でき、1000円、2000円、3000円と選べる。1000円なら3ゲーム、2000円なら7ゲーム、3000なら12ゲームと、最初に払ったお金が高ければそれだけ割安で遊べる仕組みだ。なぜこんなつまらないことを紹介しているか、それは今日バッティングセンターに行かないためだ。目的ははっきりしている。ブログに書きだすことで冷静になり、あっという間に終わってしまう、あの数分の興奮、熱狂を振り返ってみて、またあの場所を訪れるべきなのか検討したい。ちなみに私が去年買ったカードの残数は1回だ。今日この一回にすべてを賭けて全力で楽しんでやろうと数分前までは考えていた。ただ皆さんが想像されるとおり、1回きりであの場から立ち去ることは容易ではない。今日もおそらくチーム練習で足りないものを補おうと熱心にバットを振る野球少年、グループで来てお互いにいじり合っている若者、明らかに仕事のストレスを振り払おうとしているおっさん、そういう人に感化されて、うんよく考えなくても3000円のカード買えば一回250円で安いし、そのお金でこんなに興奮できるものに最近出会えないしなと、いくらでも理由をつけて財布を寂しくできる。

 ここまでで、今日行かないという選択が間違っていないことは明らかだけれど、おそらく来週も同じことを繰り返す気がしないでもないのでもう少し続ける。ここまで読んでもういいよという方はここから先へは立ち入らず、コロナ中後の世界で役立つスキルアップのための勉強を勧めたい。余暇の過ごし方を金に絡めて考察している人間ほど愚かなタイプはいない。そんな少額を気にして生きているから経済が衰退していくんだと言われれば、何も言い返せない。どんな時でも、金を稼ぐ人はどこかしらにいる。戦争成金ならぬ、疫病成金だってたくさんいるのだろう。この一年で富裕層は誰も追い付けないところまで浮遊して・・・。本題からずれまくっていくのもブログを更新する楽しさではある。ただ暗い話はどこまで行っても灯りにたどりつけそうにないので探索は中断する。

 直近でバッティングセンターに行ったのが日曜日。多分初めて週末に訪れたが、賑わっていた。初めて(まだ4回程度しか通っていない)LJKもみた。聞き耳を立てていると、共通テスト帰りの受験生のようだった。私がブースも前で待っていると自己採点を始めたから明らかだ。受験生なのにこんなところにいていいのかとは全く思わない。頭を使って疲れた時は、なれないことをやって体も疲れさせる。リフレッシュが上手な人間ほど、デキる奴は多い。いうなれば私もセンター試験を受けた次の日朝早くからグランドに繰り出し、ボールを蹴った。ただその年の受験は全落ち。見込みのない息子の多額の受験料を払ってくれた親にはホントに一生頭が上がらない。このブログの読者に受験生がおられるとは考え難いが、自分で働いて受験するというスーパー受験生を除いて、多くは誰かの支えがあって試験を受けれているはずだ。どれだけ毒親と言えど、多分人だ。受かっても落ちても機会を与えてくれたことは忘れない方がいい。

 話があちこちに飛んでいるが、受験生への熱い気持ちを伝えたいという記事ではない。自分が経験したことを、さも手助けになればみたいなことを読まされるほどつまらないことはない。私が思うことなんて、多分見てないけど、誰か(LJK)にカッコいいスイングだと褒められたいぐらいなもんだ。残念ながら私がブースから出た時にもう彼女たちは居なかったけれど。

 コーン茶(買って一年ほど経ってようやく飲み始めたけどやっぱり美味しい)の煮だしも終わり、自分の気持ち悪さと向き合うのにも疲れてきたのでこの辺で痛い自分語りは終わりにしたい。最後に、私が昔から好きな川口春奈のはーちゃんねるで、バッセン動画が投稿されたときはドキッとした。もしかしてバッセンに通えばリアルYouTuberとのご対面も出来たり・・・。そうYouTubeでバッティングセンターと検索をかければそれだけで楽しい気分を味わえたりもする。柳田選手、ギータの凄さにも改めて驚かされる。

一週間遅れの成人の日

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

  あけおめ投稿をしてからはやいこと10日経った。良質な記事を書くためには何よりもインプットが大切だと自分に言い聞かせて、アウトプットをせずに溜め込んでは吐き出す気も薄れ、また思い出したらでいいやという悪循環が続いていた。そもそもパソコンを開く時間を制限したい気持ちもあった。タブをどんどん開いて閉じてを繰り返すよりも、4コマ漫画を読み、スマホYouTubeに勤しむほうが不思議と充実感がある。お正月にテレビをたくさん観たせいか、観たいテレビ番組も増えるばかりで、私の文章のようにだらだらと過ごす時間に歯止めがきかず、おうち時間は毎日更新され続けるエンタメの消費に費やされた。

 こんな風にぐでたま状態で時間が過ぎていくことに何にも違和感がなくなるのが大人になることなのかもしれないという使い古された言い回しをする。2分の1成人式というのが小学校であったが、その時の自分のメッセージはとてもキラキラしていた。逆に10歳の時は暗黒の時代で、大人になった20歳の方が自由で楽しいという人もたくさんいるだろう。私事だが、好きなサッカー選手は変わっていなかったのが強く印象に残っている。その選手のようなスーパースターにはなれなかったが、ありがたいことにサッカーを好きでいる気持ちは増すばかりだし、年々知識だけは増えていっていると思う。

 だいたい600字くらいになった。新聞の投書欄は400字程度だし、Twitterはもっと短いし、簡潔で、ぎゅっと詰まった発言の方が良の評価が得られやすい気もする。最後に最近パラパラとめくって楽しんだ本を紹介したい。

 

  タイトルそのまま、三島由紀夫川端康成の貴重な手紙がおそらく原文のまま載っている。正月に年賀状を書かなければと思ったので、何か得られればと期待したが、手紙の内容が浮世離れしていて全くと言っていいほど参考にはならなかった。ただ、20過ぎのまだ学生だった頃の三島の手紙はかなり興味深かった。とにかく師匠にてがみを書くということが、自分なんかのことで時間を取らせてはいけないと、罪悪感にかられながらも、ついつい熱のこもった手紙を書いてしまう、そして聞いてほしいという気持ちがそのまま表れていた。言うまでもないが早熟の天才とはこういうことを言うのかと唸らされる美しい文章の数々だった。

 世界中とタイムレスでつながれるようになった今だからこそ、文章からの方が、かえってほとばしるような熱を伝えられることがあるかもしれない。そんなことを思っても、誰にも手紙を書かず、スマホのスタンプで済ませるのが現代人だとも思う。ただ心のこもった手紙をもらって嫌な気持ちになる人はいないだろう。堂々巡りに入りそうなのこの辺で。

 最後に、公務員試験の勉強をしなければいけないとわかっているのに身が入らず、面白い本を読破してしまうという場面が三島の手紙の中にあった。私のような、漫画、ゲーム、ドラマの沼にはまる者とは、インテリはやはり違うのだなと、とてつもない差を感じた

今年もよろしくお願いします

お題「#買って良かった2020

 ブログを放置して約1ヶ月経った。ここから文章が続かないぐらいにはボケボケの状態であるが、充分におやすみしたことで流石に爆速でタイピングできるのではないかと期待した自分にすぐに裏切られる。アクセス数を確認すると、ほぼ毎日1は付いている。私は一回もアクセスしていなかったから、ほぼ毎日流れ着いてしまう方がいるのかもしれない。Google検索、ヤフー検索等で引っかかるような有用な情報はほぼ載せていないから、キーワード検索をしてこのブログがヒットすることはほぼないはずだ。新年早々、バズるブログにしたるぞ、アクセス数1日平均10以上、コメントがしたくなるような記事の更新、などの前向きな目標を掲げるのもいいのかもしれないけれど、あくまでも3日坊主は避けるぐらいの小さなものにしておく。

 得体の知れない敵と戦う日々はまだまだ続きそうな中、寝正月という怠惰な・・・

 967、567とかいう皆が嫌っているやつのとは毎日顔を合わせなきゃいけないもので・・・

 現実は24時間365日変わらないわけで・・・

 なにかうまいことの一つでも浮かんでくれば年始の挨拶としては上々の滑りだしと言えそうだが、難しそうなので諦める。

 たぶん12月に買った(正確にいうと頂いた)ニコアンドのスリッパを紹介したい。まず前提として、私は履物があんまり好きではないし、靴下も出来る限り家の中では履かずに素足で過ごしたいタイプだ。数年前にみんなが嫌いな爪水○っぽくなったときにできるだけ清潔に過ごすために、草履みたいなスリッパを無印良品で購入したこともあったが常に履くということはなかった。ホテルに泊まった時も喜んでスリッパをもらって帰ったりするけれど、棚の奥で眠っているまま開封される気配はない。とにかく家の中ぐらい裸足で解放感を味わいたいタイプだ。

 このスリッパも自分から探して買ったわけではなく同居人にもらった。私の冬用モコモコスリッパがあまりに黒ずんで、裏はすり減り、モコモコならぬスウスウの状態だったのがあまりにも不憫なりと感じてくれてプレゼントしてくれたのだろう。30%引きぐらいだったのも購入を後押ししたのかもしれないが、定価でも買っていたと言っていた。

 で、肝心の履き心地だが毎日16時間履いていたいぐらい(睡眠時間を除く)気持ちいい。詳しい説明はタグを捨てたので出来ないが、足の水分を吸収して、温かくしてくれるハイテクな素材を使っているらしい。ただのモコモコじゃない。機能的でおまけに思わずサワサワ撫でたくなるやつだ。素足でも、靴下を履いていても両方イケる。

 ネットの商品紹介文にあるようにお揃いで玄関にちょこんと置いていても可愛らしい。同じ色のスリッパをはいているという妙な連帯感も感じられて、もし一緒に住んでいる住人のスリッパが薄汚くなっていたら是非プレゼントしてほしい。多分ヘビーユースして、またボロボロになるまで履きつぶしてくれると思われる。

 足元を温かくして損はない。ちなみに私はベージュを使っている。なかなかスッキリした色味で気に入っている。

www.dot-st.com

6000字くらいバババッと打ち込みたいが、そのぐらい心を動かすものと出会うには不要不急のおでかけをしないと・・・

 

 


バッティングセンター

今週のお題「自分にご褒美」

 ここ1ヶ月ぐらい週1回のペースで映画館に通っていた。映画館に通うと家で映画を観ることがなくなり、YouTubeTVerばかり観ていた。YouTubeをみていると、いくらでも自分へのご褒美が欲しくなる。面白そうな体験も沢山ある。けど何をやるにしてもお金は掛かるし体力もいる。そうやってずっと楽しそうな動画をみて満足したフリをしていた。

 気になる映画はあるも観に行こうかどうか、じっくり迷える時間があると足は遠のく。絶対に何かを感じてこのブログにも呟きたくなる自分の姿は想像できるけれど、今週はブログでは表せないようなことを考えさせられる本を読んだし、これ以上頭の中を衝撃的な何かで埋めたくはない。つまり、今週は映画館に行くことは必要ないと決めた。

 そこで娯楽として浮上したのがバッティングセンターに行くことだ。これもYouTubeの影響で、元高校球児の素人さんが10数年経った今でもなかなか良いスイングをして、ヒット級の当たりをバンバン打つ。そのあと自分と同世代のプロ選手の名前を出して自虐的に彼らと比べて、でもストレスは解消して満足するという内容だった。

 ここ最近プロ野球選手の年俸更改が連日発表されているのも関係している。日本で稼げるスポーツ選手の代表はやっぱり野球だ。欧州のサッカー選手は信じられないほどの大金を稼いでいるが、Jリーグはそうでもない。お金の面で家族を幸せにできるのは野球だ。10万円の給付金を何に使おうかあれこれ考えていた自分が悲しくもなる。

 このご時世バッティングセンターもひょっとするとガラガラなんじゃないかと期待した自分を叩きたくなるほど、平日の夜のそこは野球少年、青年で溢れていた。どこのゲージも常に待ち人がいるレベルで、端の70キロゲージだけ誰もいなかった。たまに行った時、80で始めて90で手が出せなくなるレベルのスイングしか私は出来ないので、まぁ70でも十分楽しめた。ただ誰も見ていない状況で始め、最後の1球がチップ性の当たりで終わった後に不思議そうな顔をした少年がお父さんとお兄ちゃんと一緒に扉の外で待っていた時は恥ずかしかった。1人で来る野球が下手な大人が不思議でしょうがないという感じだろう。そんな感じで親に連れられて練習に来ている子供が多かった。

 25球を3セットやってお開きにした。購入したカードの残数は残っているのでまた近いうちに行きたいと思う。場所を離れた後もカキーンという音が聞こえてくるのはなかなか良かった。別に120キロの球を打てるようになりたいとは思わないが、70キロの球を全球ホームランにしたい気はする。

 

 

 

シャワーじゃなくて風呂に浸かる

今週のお題「自分にご褒美」

 昨日は久しぶりに風呂にお湯を張った。お風呂のお湯が沸きましたと呼んでくれるわけでもないから、お湯が入りすぎないようにこそこそチェックしながら、意外と湯につかる前にまだかまだかと待つ時間も悪くないと、時間をケチってシャワーで済ましていた自分に教えてあげたくなった。足が伸ばせるほどの長さはなく、かといって体育座りしなきゃならないほど狭くはなく、胡坐をかきながらリラックス出来た。おススメしたいのが、まず正座で30秒背筋を伸ばして体を温めて、そのあとリラックスした体勢で体を緩める入り方だ。30秒はとにかく無心になれるように数字だけを頭の中で数える。ほとんど10秒ぐらいで余計なことが頭に浮かんでくるが、出来るだけ消し去る。

 スマホをお風呂に持ち込むとあっという間に時間が過ぎる。そしてなかなか湯から体を起こせなくなり、思い切って出ると体はブルブル震え、やっぱりシャワーだけでさっとお湯を浴びた方がお風呂後の寒さを感じなくていい分良い気もしてくる。

 ただ今朝の寝起きがとてつもなく良かった。久しぶりに太陽光で自然と目覚めた。やはり体を温めてから寝た方が何かといいのかもしれない。睡眠時間はいつもよりも短いぐらいだったが1日中疲れを感じなかった。

 さっきリーズナブルな町中華で食事を済ませてきた。たまに行っても大体日替わり定食しか食べない。いつもお客さんは少なく、テーブル席に2、3組いるぐらいで、一人客も多い。今日私が扉を開けた時は仕事帰りの女性一人だった。メニューをじっくり検討している間に女性は支払いを済ませて出て行ってしまう。独りになった。とりあえず気になっていた丼ものを頼む。おいてある小さなテレビでは、芸能人が仕切りがある中でお酒を楽しんでいる。そして貧乏だった駆け出しの時も、少ないお金を遊びに使いきった豪快な話で盛り上がっている。(今は国民的大スターでお財布もパンパンだろう)

 それに比べて、いつもお酒を飲もうか迷ってこのお店では一度も頼んでない自分。慌てて確認すると財布には2千円しかないけど、生ビール3杯は無理でも2杯ならイケる。数日前に禁酒を誓った気もするけど、あの時の原因は家飲み。あーだこーだ頭の中で迷いながら、生を頼んだ。美味い、カンパーイと声に出せないのは寂しいけれど、充分お釣りがくるうまさだった。気を利かせていつも定食についてくるお豆腐も出してくれた。あっという間に黄色い飲み物を飲み干し、お替りを頼もうかと悩む間に角煮丼が運ばれてくる。イメージしていたのとは少し違ったが、野菜と餡が旨い。食べ進めている間に、おひとりのスーツ男性が店に入ってくる。瓶ビールとワンタンスープとから揚げをご注文。生より瓶派かと勝手にうなずく。またお持ち帰りのお客さんが来る。おかみさんとの話しぶりから常連さんっぽく、なんだか羨ましい。もっと通わなきゃだめだなと言い聞かせる。

 お酒のお陰で、ずいぶん楽しい気分で坂道を登ってお家に帰れた。コンビニでもう一杯の誘惑に打ち克った自分を褒めたい。気分が良くなり電話をかけると、またいいニュースが聞けてほっこり。ここまでの数時間いい気分が続いている。このまま眠りにつきたい。

 日曜の予定に合わせて明日は早起きしたい。