雑記帳

ぼーっとしている若者が つらつら書いていきます

ラーメン

 目が覚めてカーテンを開けた時あまりにも空が青く、開放的だったから出かけることに決めた。出かける前にはシャワーを浴びる。私はめんどくさがって、寝る前に体を洗わないことの方が最近多い。歩くと気持ちがいい。多くの人が長袖を着ているが構わずセーターを脱ぎ半袖になる。半袖で歩いている人はなかなか見ない。暑ければ脱ぐというのを当たり前にしているがそれはファッションを楽しめない、汗かきのわがままなのかもしれない。

 日曜日ということもあり商店街はそこそこ賑わい、人、人、人だ。マスクの下は笑顔です。という張り紙を観るのも当たり前になりつつある。目元をいかに緩めるか、それがにっこり笑顔を作るためには欠かせない。マスクをつけているときこそ、目は口程に物を言うが威力を発揮する。

 1人で出かけた時何を食べようか迷う時間はいくらでもある。逆に言えば、何を食べるか迷う楽しみを味わうために1人であるようなものだ。そうはいっても自分の中での予算はあるから、限られてくる。今日は頭の中に焼肉丼がまず思い浮かんだが、キムチ食べ放題の店がお気に入りで、冷蔵庫の中にも食べなきゃいけないキムチが残っているのを思い出し、消す。そうしてぶらぶらするとお腹が減ってくる。もうラーメンにしようと決断する。

 行ったことのないお店への期待よりも行ったことのある店の安心をとった。そこはラーメン屋さん4店舗が10席前後のカウンターで集まっているところで、どこも旨そうだ。ただチャレンジはしないにしても、メニューには、ラーメン、つけ麵、混ぜそばと種類がまたそこそこある。そしてトッピングも充実している。お店のカウンターには、なかなか上品なおば様が端っこに一人だったが、お持ち帰りのフライ麺を頼んでいるのを見て、やっぱりここで良かったと勝手に安心する。私が食べ終わる頃にも女性が1人で現れた。

 前は混ぜそばを頼んでなかなか美味かったので悩んだが、普通の辛みそラーメンにした。山椒がぴりりと効いていて好みの味だった。そう大きくて長めのお肉もうれしい。

 ラーメンを食べる前に写真を撮るのも楽しさの一つだ。鮮やかに盛り付けられたラーメンはまさに食の王だ。なかなか肉眼では意識しない細かい油が今見ても旨そうだ。改めて思う、多分札幌系の濃厚みそラーメンが一番タイプだと。そして中太麺もたまらない。

 そんなことを書きながら、とんこつ系細麺のあのお店にも行きたくなってきた。そう結局ラーメンの誘惑には勝てないぽっちゃり男子なのだと自己診断する。

 

大学芋

今週のお題「いも」

神仙閣 神戸店(三宮/中華料理) - ぐるなび

 特別な日に食べるような中華に連れていってもらった。全く知らなかったのでエントランスの天井の高さに驚く。トラの剥製が飾ってあり思わずまじまじと観察してしまった。お店は約10階建てのビルでエレベーターで個室の座席まで移動した。

 コースを頂いたのだが、どの料理も美味しくボリュームもかなりあった。印象に残った、また食べに来なあかんと思ったのは、豚ばら肉の黒酢ソースとポテトの飴煮だ。

 豚バラ肉の方は、今までに食べたことのない肉の塊で、お肉はほろりと柔らかく、黒酢ソースが絶妙な甘さで、まるで何かデザートを食べているかのような感覚だった。

 ポテトの飴煮はいわゆる大学芋で、これも、外側がカリカリとガラスのように固く、飴煮という品名に思わずなるほどとなる。こちらはあまり甘くなく、2口でパクリと食べられる。

 冷凍食品でも美味しい大学芋は最近多いが、やはり本格中華には敵わない。今までで食べたことのない、粘っこくないどちらかというとあっさり目の!するほど外が硬い大学芋だった。

 町中華もいいが、たまには豪華なお店でごちそうも食べたいもんだと、頑張る元気が出た夕食だった。

TENETを観た

 2ヵ月ぶりにシネコンに行った。レイトショーの時間帯だったが、思ったよりもお客さんは多かった。エレベーターを降りてから、飾ってあるポスターは鬼滅の刃だらけだった。多分10数枚並んでいた。鬼滅の刃に1ミリも触れていないことが、なんだか恥ずかしくなった。NHKのニュースで取り上げられていたのにも驚いたが、多くのカップル、家族が見に来ているようだった。

 7月ごろに訪れた時は100人規模の座席に数名だった観客も、30名ほどに増えていた。夜の時間帯ということもあって、カップルが多かった。私が座った席の隣のカップルシートは空いていたから、ゆったりと鑑賞できた。

 字幕映画が観たかったから選んだ作品だったが、なかなか見応えがあった。150分とかなり長めで、つまらなかったらと不安だったが、あっという間に終わった。久しぶりにウトウトせずに興奮状態が続いたままスクリーンに引き込まれて鑑賞できた。心臓にはあまり良くないが。テーマは時間とか物理学で小難しいものでぶっちゃけ最後まで?な感じだった。インセプションの監督ということを知って納得した。あの類の映画は私の頭脳では到底理解が追い付かないと。ただアクションサスペンスとしてドキドキ感を楽しめばよいと。

 ただ、んどこかで観たことのあるなという俳優さんが出ていると、勝手にうれしくなる。主演のジョン・デビッド・ワシントンは私が数ヶ月前にはまったballersに出ていた。元アメリカンフットボール選手であの身のこなしも納得がいく。

 まとめると、映画館で観ることをプッシュしたい作品だ。そしてあまり口コミを見てから観るのはおススメできない。内容は難解ではあるが、理解できなくても十分に楽しめる。ただ戦闘シーンの迫力を楽しむだけでも満足できると思われる。

 

 

貧乏ゆすりが止まらない

 なかなか考えがまとまらない時、思い通りにいかない時、自分に対して腹立たしい時貧乏ゆすりが始まる。左足のゆすりが止まらない。理由ははっきりしている。自分に怒っているからだ。書くことも特に見つからないので懲りずに漫画を紹介しようとした。そこで自分の行動が間違っている気がしてきた。私はその作品を買ったことが一度もない。たまに連載されている週刊誌を買うことはあるが、単行本はたぶんない。いつもレンタルするか、満喫で読むか、お店で置かれていて手に取るかだ。その作品は昨日も満喫で一気読みするほどお気に入りだ。間違いなく五本の指に入る。そんなことを気にするぐらいなら隠しておけばいいのだが、昨日も数年ぶりに読んで、腹抱えて笑った。とにかく面白い。どんな時に読んでも吹き出してしまう。読めば元気になれる。勝手にデカビタ扱いしている。

  「アフロ田中」シリーズだ。現在もビッグコミックスピリッツで連載中の長寿漫画であり、○○アフロ田中が、他にも高校⇒中退⇒上京⇒さすらい⇒しあわせとシリーズ化されていて、この結婚アフロ田中が最新シリーズだ。多くの連載漫画は話が一貫していて、なかなか途中から読み始めるのは難しいことが多い。この漫画はその点全く心配ない。何週かに渡って同じテーマが続くこともあるが、ほぼ1話完結型で、登場人物の人間関係もそこまで複雑でなく、とにかく主人公の田中が面白い。私はしあわせの途中から読み始めて、さかのぼっていったのだが、やっぱり時事ネタも結構絡んでいることもあり、最新話を読むのが一番好きだ。ちなみに昨日一気読みしたのは中退アフロ田中で、題名通り学校を中退した田中の生活が描かれていて、いやーこの青年が人生の紆余曲折があり成長して結婚するのかと思うとまたまた元気をもらった。

 主人公の田中はとにかく何でも考える。哲学者といっても言い過ぎではない。普通の人が気にしないところを深堀りし、自分なりの考えに基づいてどんどん行動していく。田中の周りの人物も面白い。高校時代からの友人もいれば、職場関係の人、かわいいおねーさんなど連載が長いだけありたくさん出てくるが、みんなちょっと癖ありでそこを田中がツッコむ。

 余談ですが、私も最近気になってしまった。普通に駅前を歩いていて変なところに目がいってしまったのだ。若い女性の首すじだ。なんと服のタグがつけっぱになっていた。文字に起こすとそうでもないのだが、えっっと思わず漏らしてしまった。気づいたことは伝えたい性質なので、肩を叩こうかとも思った。ただ見知らぬ人から声をかけられることほど怖いことはない。また私が知らないだけで、タグ付けファッションが流行っているのかもしれないし、何かしらの理由があってタグを外に出しているのかもしれない。あれこれ理由をつけて、声はかけなかった。私以外の知り合いがその後気づいてくれたであろう。それもまた彼女の面白エピソードになっていることを願う。でも今考えても出かけるときのオシャレコーデな気がするので、卸したての服だった可能性が高い。いずれにせよ遅かれ早かれ誰かが気づいて教えてくれることだ。思い返せば、私もよくビブスを逆につけて先輩に笑われていた。抜けていることが必ずしも悪い方向にいくわけじゃない。むしろそこでコミュニケーションが生まれるともいえる。

 もう月末だ。今月は久しぶりに病気にかかり何かと不便であった。10月は祝日がない珍しい月だったがあっという間に終わる。だから何なのかといっても何もない。

 

 

ニュース

 インターネット環境があるためにいろいろなニュースが目に飛び込んでくる。知らなくても困らない記事も少なくない。知らなければいけないことはなかなかスマホでは得られない。もちろん新聞は読まなくても困らない。令和になっても新聞をある程度信用している自分は旧石器時代の人間なのかもしれない。
 最新のニュースはネット上にある。これは間違いない。暇な時はついついサッカー関連のニュースを漁る。私の生活を有利にしてくれるような情報はそこには無く、その時間を他のことに当てた方が賢くなれる。ただ自分の興味には逆らえない。わざわざワード検索したりもする。
 私の性格が悪いからなのかもしれないが、ニュースは残念ながら悪いことの方が気になる。もちろん不祥事を起こした選手を詮索するのは、人として良くない行為だろう。今日も検索してしまったが、予想通りネット上にはさまざまな「まとめ」がすぐに載っていた。個人情報でさえSNSを見ればあらかたわかってしまう時代だ。
 SNSにわざわざ自分の裏の顔を載せるようなプロ選手はいない。社会貢献活動をしていたり、子供たちの手本になるような動画をアップしていたりもする。ファンを少しでも増やそうという努力も伝わる。少なくともこんなブログを発信している私とは雲泥の差だ。
 ネットではすぐに叩かれ、とても人に対してとは思えないような厳しい口調で書き込みがされていたりもする。Twitterはそのいい例だろう。ある人の投稿を見て同調し、さらに激しいことが書かれていたりする。もちろんその人の顔はわからない。
 顔が割れている犯罪者だからといって、その人の全てを否定するのはどうなのか?と思ってしまう自分がいた。同じことを繰り返しているからといっても、というのは私の考えが他人だから故の甘ちゃん思考だからだろうか。
 私が知り合いとTwitterで繋がるのを避けているのもそこに少し通じる。リアルでの言動とネット上での発言の違いに薄気味悪さを感じてしまったからだ。単に私のメンタルが弱いから感じるだけな気もするがネット上でまで繋がっていたいとはもう思えない。
 その点Instagramは楽だ。不思議なことにマイナス発言はあまり無いし、常に追わなくていい。
 結局何が言いたいかは濁すが、私がネット上で人を非難するとしたら少なくとも署名はしたい。
 学校で必ずネット上での誹謗中傷はしてはいけないと教わるはずだが、大人がそんなの関係ねーとなりつつあったら子供も真似するのだろう。こんなことを書いていれば、私のブログもいつ叩かれてもおかしくない。
 ご安心ください、このブログにたどりつく人なんて片手で足りますから。
 つまらないブログをここまで読んでくださった方がもしいるならば、仏様でしょうか。若干の深夜テンションお許しください。
 

フロンターレにあっぱれ

 お腹がたとえ空いていなくても、昼飯のためにおにぎりぐらいは食べておこうと、昼飯前にスーパーに行けば思う。だけども今日は惣菜コーナーを一周しても食べたいと思うものがない。

 久しぶりに駄菓子コーナーに行っても、手は伸びない。逆に自分が商品棚の前に立つと、いらっしゃいませという機械音が聞こえて、たじろぐ。

ふと左上を見ると、中国語っぽい文字で画面に監視中みたいなことが書かれていた。

 なんだが自分が何を買うのか誰かに見られていると思うと、これもまたなんだが逃げたくなった。多分ここ数日食欲に忠実に食事しすぎたんだろう。

 メモを整理していたらこんなことを書いていた。3週間前の自分に驚く。今日は夕食何食べようかと、30分ウロウロして、レバニラ定食を選んだ。さらにコンビニで夜食用にとコーヒー牛乳とドーナツ系のパンを2袋買った。ミスドに寄ろうか、パン屋さんで買おうかまた迷った末にコスパを選んだ。

 昨日は久しぶりに90分フルタイムでJリーグDAZN観戦した。正直日本代表の試合も最近は半分くらい観れば良い方なのだけれど、昨日のフロンターレVSグランパスはあっという間にタイムアップだった。それぐらいハイレベルで退屈しない試合で、じっと画面にかじりついた自分がサッカー少年に戻れた気がした。

 中村憲剛の冷静さと両足キックの正確性は相変わらずだったし、薫くんがボールを持ったときのワクワク感はやっぱりやみつきになる。ゴールを獲れているときにはボールは自然と転がり込んでくるものだ。得点シーンもあえて蹴る瞬間はディフェンスの後ろに陣取り、こぼれ球を狙っていた。

 寝ながらスマホでポチポチ書くのも悪くない。久しぶりに枕を使っているからなおさら快適だ。

今週も毎日投稿がつづきそうだ。


検索して思い出す。

 今日は日曜日だ。19時からのスケジュールは家の中に居るとしてもなかなかタイトだ。Jリーグも出来れば見たいし、観たいテレビもたくさんある。そこで早めに自分に課されたことを終わらせたいと思う。この記事を読んでくださる方がたとえ数名だとしてもそれなりのことは書かなきゃブログをやっている意味が分からない気もするが、ここまで目を通して頂けたら、そっとタブを閉じて欲しい。ほぼ情報発信する価値がないことを打っていく。「おススメ漫画マイナー」で検索して漫画の紹介をしようとしている人が書くことなんてたかが知れている。

 ウェブ上にはそれはそれはたくさんのおススメ漫画を紹介している記事が溢れていて、ただ検索して上から3番目のページであの漫画を思い出せたのだから時間は無駄にしていない。

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

 

  この漫画は読むと元気が出るというより、励まされる。まさに、意志あるところに道は開けるを体現している青年の物語だ。ジャズなどとは無縁だった私をそれと近づけてくれた作品でもある。読み始めた時の興奮は今でも忘れられない。こんなカッコいい生き方をしている人久しぶりに読んだと。ジャズのことに関して無知だった私は出てくるミュージシャンをググり、YouTubeで聞き漁ったのが懐かしい。

 あんまり内容について書きすぎるとワクワク感がなくなるのが怖いが、漫画大賞でも3位となり、他にもいくつかの賞を受賞している作品だから面白さに間違いはない。1巻目が発売されたときにたまたま出会った作品が長く続いていることほどうれしいことはない。自分が世間とずれていないという点でもほっとする。何度も名前を出すが「アオアシ」もそういった作品の一つだ。だんだんと帯に有名サッカー選手のコメントが載ったり、累計発行部数何百万部突破という言葉が出てきたり、作品が広まっていくのはうれしい。誰に伝えているわけでもないが、ほらみー絶対面白いから売れると思ってたわと勝手に粋がることもできる。そういう意味では常に新しい漫画と出会う機会をもっと設けなくてはと焦る。どこの書店に出かけても最近は一番充実しているのが漫画コーナーのような気がするが、個人的にはSHIBUYA TSUTAYAがお気に入りだ。電車に乗る前にちょこっと寄るにはちょうどいい広さで、たくさんの作品が置いてある。前は上の階にあった気がするが、今は地下のフロアとなり若干アングラな感じもいい。

 同じ石塚真一さんの作品だとこちらも超絶プッシュしたいものだ。

 

岳(1) (ビッグコミックス)

岳(1) (ビッグコミックス)

 

  山岳救助がテーマになっていてこちらの主人公も真っすぐ山と向きあうカッコいい青年だ。どことなく上のサックス奏者の青年と似た雰囲気である。私は山を登ったことはないが、山に関係する作品というのはこれも外れがない。大自然に身を置き、命を懸けて真摯に向き合っている姿にはいつも胸を打たれる。

 

エベレスト (字幕版)

エベレスト (字幕版)

  • 発売日: 2016/02/19
  • メディア: Prime Video
 

  ついでにこちらの映画も映像の綺麗さに驚かされる。私は映画館にて3D 鑑賞したこともあってかもしれないが、とにかく山の迫力に圧倒された。大画面で観なければ良さが伝わりにくいのかもしれないが、緊張とスリルもあり引き込まれていくと思う。

 書き始めるとなかなか楽しいのがブログだ。ちなみに今期のJリーグフロンターレに注目している。彼が筑波大学サッカー部に入部してから勝手に推している三笘薫選手が大活躍しているからだ。彼の代名詞ヌルヌルドリブルに魅せられているファンの一人だ。サンフレッチェ戦で冷静に決めたあのグランダーのコントロールシュート。あれこそが彼の持ち味である高い技術力の結晶でもある。多くの選手が慌てるあの場面で右隅に冷静にパスのような早いスピードのボールをゴールに吸い込ませる。ドリブラーでありながらフィニッシャーとしてもスゴイ。プロ1年目ということであまり情報がないから活躍しているなんては思えない。近い将来三好康児 選手のように世界へ羽ばたいていくのにも期待している。

 今週は暇もあり毎日更新がクリアできた。明日からは、ずぼらになるのが目に見える