雑記帳

ぼーっとしている若者が つらつら書いていきます

明治安田生命J1リーグ 第12節 川崎フロンターレ VS 名古屋グランパス 川崎勝利となった前節を観ていない私が勝手に勝敗予想

 一昨日もJリーグを観て、今日も観るつもりなのかお前はと言いたくなるほどハマっているDAZN観戦。電車に揺られてスタジアムの最寄り駅からユニホームを着たサポーターの盛り上がりを感じながら、メガホンを持った誘導の人たちのデカすぎる声、太鼓の音を聞きながら試合開始を待つというのが本来のサッカー観戦のあり方であるのは間違いないし、人人人のスタジアムを歩くのも楽しいのだが、テレビで観るサッカー観戦も試合全体を俯瞰で観れるという点ではかなり勝っている。

 前節は4-0と大敗を喫してしまった名古屋がどう守備を立て直し、攻撃を展開していくのかが一番の見どころなわけで、DAZNプレビューで佐藤寿人が詳しく解説していたのでそれを観るのが一番手っ取り早いし(DAZNTwitterで12分ぐらいの動画が無料で見れる)、もちろん私が付け加えることなどないほどわかりやすい解説だ。感覚だけではなく、頭も使ってあれだけの数のゴールを決められたのだろう。最近DAZNの解説をよくやられているが、選手としても好きだったのでうんうんうんといつも頷いている。

 名古屋は今日もし負けてしまうと川崎との勝ち点差が9にそのままなってしまうわけでそれは何としても避けたいだろう。そして川崎は点を取れなかった試合が今シーズンない。勝ち点差を6のままにするためにも得点をまず取らなければならないと考え、攻撃的に前半から仕掛けていくと予想する。

 逆に川崎はもちろん勝ちを狙うだろうが、別に1-1のスコアレスドローで終わっても特に痛みもない。そうなると前半からガンガン前からプレスをかけていくのは現実的ではないかもしれないし、過密日程でもあるから多少は前節の疲れが残っているはずだ。選手たちものんびりとお互いが様子をうかがうような前半0-0で折り返し後半勝負をかけに行く展開を望むかもしれない。ただ圧倒的な攻撃力を持つ川崎で、選手全員がボールを持て、運動量豊富なチーム。そして前節圧勝しているという勢いもある。私は最初から勝負をかけ、どんどん両サイドを走らせ、流動的に動き先制点を狙いに行くと予想する。

 アンラッキーな形であれ、セットプレーであれ川崎が先制点を奪われる形になれば、試合としては相当熱い展開になるだろうと思われるので、もちろん川崎を応援しているが試合全体を楽しめるということを考えるともしかしてと考えてしまう。

 名古屋の注目選手は、 やっぱりマテウスだ。1人でぐいぐいと相手を押し込んでいく推進力があるし(ゴールシーンのハイライトぐらいしか見たことがないが)、シュートも強烈だ。彼が勢いに乗れば一人でもゴールを決められる貴重なプレーヤ―だ。逆に川崎は攻撃のラストパサーでもフィニッシャーでもあるマテウスをとにかく自由にさせなければ2戦連続クリーンシートで終わることも想像できる。

 川崎の注目選手はやっぱり私の推しいや、みんなの推し三笘 薫だ。前節の旗手のゴールも三笘 薫の前を向いた状態からの仕掛けと レアンドロ ダミアンのコンビネーションが生んだものであったし、 家長 昭博と彼がどれだけいい状態でボールを受ける回数を増やせるかというのは大きなポイントだ。前節ゴールは決められなかっただけに今節こそ2ゴールを期待したい。

 そろそろ試合開始が近づいてきてので終わりにしたいが、結局お前は何対何とtotoだったら予想するんだという話だ。

 ズバリ4-2で川崎の勝利。

 前半は1-1のスコアレスのまま折り返し、後半立て続けに2点川崎が追加する。そっから75分ぐらいに名古屋が得点し3-2となるが最後川崎が留めを刺して、タイムアップだ。