雑記帳

ぼーっとしている若者が つらつら書いていきます

ニューヨークのペントハウスを観たい

 今週は1ページも新しい漫画を読んでいない。あといくつかは振り返りたい作品があるけれど、たぶん明日で終わりになる。というのも改めて読んできた作品を思い出すと、どれも映像化されていたりしてすでに知っている人ばかりなのではという気がしてくるので、ここに貼り付けても私のミーハーぶりが暴かれる気がするからだ。

 秋田書店の漫画はほとんど読んだことがない。浦鉄を美容室でいつも読んでいたのと、「弱虫ペダル」にダダハマりしたぐらいだ。弱虫ペダルはもはや私が紹介することは控えたい。勝手に合わないと思っているチャンピオン系だが、2つほどツボにはまったので紹介したい。

  LINEの無料漫画で出会った高校野球部のあるある系ギャグ漫画「野球部に花束を ~Knockin’ On YAKYUBU’s Door~」例のようにこの作品も読んだのが数年前なので事細かくは説明できない。ざっくり言えば表紙で大きな声であいさつしている主人公の黒田君が高校の野球部に入部してから始まる高校生活をギャグっぽく描いている、爆笑必至の漫画だ。とにかくあんまり強くないところでも、野球部はなぜかどこも厳しいそんなイメージを丸っと再現してくれていて、ツッコミどころも満載なのだ。全国大会に出れるわけもないけれど、地方大会で一つでも勝てるように毎日泥だらけになって練習する。その日々の中にはまさに青春といえるような面白可笑しいエピソードがたくさん詰まっている。そして入学した時は下っ端だったのにあっという間に3年間は終わりを迎え、後輩にバトンタッチする。そんな高校野球部の日常がとにかく詰め込んである。

 

 

  こちらは野球ではなくサッカー、しかも主人公のポジションが題名の通りCBの漫画だ。前に紹介した「アオアシ」は主人公がSB、なんだかサッカー漫画でもディフェンダーが描かれることが増えているみたいだ。サッカーは点を取るスポーツで、実際のプロ選手でも有名なのは、クリロナ、メッシ、ネイマールと攻撃的なポジションの選手ばかりだ。日本代表でも、新10番の南野だったり、久保君が注目されたりする。最近引退したウッチーやユーチューバー長友など海外で活躍している守備的な選手も多くなっているが、それでもやっぱり目立つのは点を取った選手で、失点0で試合を終えたキーパー、決定的シーンをクリアしたバックが取り沙汰されることはあまりない。むしろ攻撃はいくらミスをしていても点を取ることでチャラになるが、守備はそれがない。ミスして点を取られたら戦犯扱いされ、叩かれる。労力に見合った対価が得られにくい黒子のポジションだというのはよく言われる話だ。

 恥ずかしながら2巻までしか読めていないのだが、まだ連載が続いているということはそれなりに面白くなっているのだと思う。表紙を見ればわかるように、ヘディングでクリアするという姿はなかなかカッコいい。たしか主人公はまだ高校生で、ひょんなことからプロに入ることになり、そこのベテラン選手に感化されていくという流れだったと思う。

 ここまで読んでいただいても全くブログの題名と繋がらないと思うので話を進める。昨日「プラダを着た悪魔」を観たせいか急にコロナ前の煌びやかすぎるニューヨークが恋しくなった。別に住んだことがあるわけでもなんでもないが、あの24時間広告が流れ続けている様子をニュースなりでみたら興味が湧かないわけがない。

ホームレス ニューヨークと寝た男(字幕版)

ホームレス ニューヨークと寝た男(字幕版)

  • 発売日: 2017/10/04
  • メディア: Prime Video
 

 PrimeVideoで見かけてから絶対に外れてないはずだと取っておいた作品だ。まずジャケット写真に写る彼から感じるのは、ホームレス臭はなく、あんまり今は仕事がない、昔売れたモデルのおじさん風の男性だということだ。いろいろな意見が出そうな作品だったが個人的には、やはり男女問わず顔が良く、スタイルが良く、面白い人間は得なんじゃないという生ぬるい感想だ。そして彼が今どうしているのだろうかということが一番気になった。

 今日1日中部屋の中にいた人間からすると、やはりホームというのは私にとってはたぶん一番安心でき、一息つける場所で、彼が絶えず言っていた「いつも緊張感がある」という精神状態はかなりツライことなのだろう。映画館に通ってではなく賃貸アパートで観た私は単純に恵まれていると感じた。